何をやるかより、何を辞めるか(簡単そうで難しい)

何をやるか、何を辞めるか ブログ
スポンサーリンク

何をやるのかを考えることは多いと思います。

  • 休日は何をしよう
  • 将来何がしたいのか
  • 暇な時間が出来たから何をしようか

自分もそうなのですが、何をやりたいのか、何をするのかを考える人は多いと思います。しかし実は何かをやるためには重要なことがあります。

結論として、何をやるのかより、何を辞めるかが大事ということです。

自分はブログを毎日継続しているのですが、 ブログをやるためにいくつか辞めたことがあります。

今回は自分というリソースが時間的に、行動量的に限られているからこそ何かを辞めることが必要な場合もあるという内容の記事です。

やることに溢れていて手が回らない人、その結果全体的にもったいないことになっている人に向けて辞めることの大切さを紹介しようと思います。

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

何をしないかを決める

何をしないかを決める

「何をしないかを決めることは、何をするのかを決めるのと同じくらい大事なことだ」

スティーブ・ジョブズ名言18選

スティーブ・ジョブズの言葉ですが「イエスではなく、ノーということだ」という言葉で、何をしないかを決めることの大切さを表現している言葉があります。

やるべきことは膨大にあるけれど、全部にリソースを割くことができないから、やらないことも決断しなければならない。

40種類あったApple社の製品の多くを辞め 、最終的に4種類に絞ったからこそ成功させることができたという話です。

この内容は私達の日常生活でも当てはまる部分が多いと感じており、今回の記事を書いてみることにしました。

やる決断より、やらない決断の方が難しい

やる決断より、やらない決断の方が難しい

何をやるのかを決断することは案外簡単なことだと思います。

簡単な理由は「やった方がやらないよりは良い」という場合が多いからだと思います。

そのため迷ったらやったほうが良いという言葉もあるし、自分はそれが正解だと思っている節もあります。

しかし最近思うことは辞める決断も実は大事なのかなと思う時があります。

全部できればベストなのですが、ある程度活動量が増えてくると正直限界があります。

さらにある程度継続して、積み上げが増えてくれば来るほど辞める決断ができなくなってきます。

「せっかくここまで積み上げたのに、辞めても良いのか」

そんな心理が働いて来ますからね。

選択と集中

選択と集中

辞めることが案外難しいという話をしたのですが、やりたいことを本気でやるためには選択と集中が必要なのかなと思います。

選択とは不要なこと、優先順位が低いことを辞めること。

集中とは本気で取り組みたいことを全力でやること。

このメリハリが必要だとすごく感じます。

以下では具体的に自分が辞めたことを紹介しようと思います。

具体的に辞めたこと

ブログを書くことを中心に、自分の時間を優先した人生にしたいと思い、いくつかのことを辞めました。

サラリーマンをしながらだと辞められることも限られるのですが、それでも自由時間を充実させようと日々奮闘しています。

何を辞めるか①:本業の残業

何を辞めるか①:本業の残業

まず一番最初に辞めたことは、会社での残業です。

働き方改革の影響もあり、残業時間の制限がかかるようになり辞めやすい雰囲気なのかなと感じています。

本業の残業を辞めたことで、平日でも自由にできる時間が純粋に増えました。

ブログの記事を書くこともできます。

会社からは「残業してでもやってくれ」みたいなことをたまに言われることもありますが、本当に差し迫っていない限りは残業はしないです。

結局残業は自分のためではなく、会社のためでしかないから優先順位は低めで良いと思っています。

何を辞めるか②:ダラダラした休日

何を辞めるか②:ダラダラした休日

休日の何もしない日を辞めました。

今日は何をしようと考えているうちに休日が終わってしまうなんてことが、以前はとても多かったです。

最近は前日にやることを決めることが習慣になっているので、迷うことなく朝一番から取り組むようにしています。

その結果、休日の方が忙しい日もあるくらいです。

ダラダラした休日はもったいないです。

何を辞めるか③:必要以上の人付き合い

何を辞めるか③:必要以上の人付き合い

最後に、必要以上の人付き合いも辞めました。

ただ何となく付き合っているだけの関係なら、時間の無駄と感じてしまうようになりました。

それよりは本当に合うべき人、やるべきことに時間を使ったほうが有益かなと。

会社の飲み会への参加率も以前よりは減り、その時間をやるべきことに使えているのでそれも良しかなと思っています。

何かを辞めると、何かを始められる

何かを辞めると、何かを始められる

いかがだったでしょうか?

今回は何かを始めることよりも、何かを辞めることの方が難しいという内容を紹介しました。

裏を返せばになるのですが、何かを辞めることができれば、さらにやりたいことを始めることが可能です。

まずは自分の生活で優先順位を知ることが大事なのではないでしょうか?

よくよく考えてみると案外不要な時間があったりしますよ。

自分もまだまだ削って効率的にできることばかりなので、辞める努力は今後も継続して行おうと思います。

参考になれば幸いです。

それでは、KATSUNがお送りしました。

ブログ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
KATSUNをフォローする
スポンサーリンク
KATSUNブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました