リモートワークで営業するメリット・デメリット

リモートワークで営業するメリット・デメリット 仕事・副業
スポンサーリンク

リモートワークで営業と言うと、本当にできるの?と疑問に思う人は多くないでしょうか?

  • 足で稼ぐのが営業
  • 会って話をしないと込み入った話はできない
  • お客様に顔を売って、可愛がってもらうのが営業

上記のような考えの営業マンは結構多いのではないでしょうか?

結論としては、多少のデメリットはあるが、基本的にはリモートワークで営業をすることは可能。

自分は営業職のサラリーマンをしており、コロナウイルスの影響で約2ヶ月ほどリモートワークをしています。

リモートワークとはネットワークや電話などを利用して、家にいながら仕事をすることです。

多くはPC一つで仕事のできるエンジニアなどの特権と思われていましたが、昨今のコロナウイルスの影響で外出自粛の風潮が強まり、職種に関係なくリモートワークという情勢になってきています。

自分も実際にリモートワークをしているのですが、今回は感じることを書こうと思います。

これから本格的にリモートワークは拡大していくと思うので、生き方、働き方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

リモートワークで営業は出来るのか

リモートワークで営業は出来るのか

リモートワークで営業ができるのかというと、既存のお客様に対しては難なく可能だと感じています。

メール、電話など連絡すべき方法が確率されているので問題ないし、お客様も同じ状況だということでお互いに接触しないけど、仕事が進められるというのはメリットも多いです。

社内のやり取りに関しては、若干の不便さはありますがなんとかなると思います。

いつも近くにいるので、話しかけて済んでいたものをオンラインアプリ、電話などで連絡するのは正直手間に感じると思いますが、次第に慣れてきます。

そんな感じで特別な問題を感じないリモートワークをしているのですが、その中で感じるメリット・デメリットを具体的に紹介していこうと思います。

リモートワーク営業のメリット・デメリット

リモートワーク営業のメリット・デメリットをまとめてみます。

リモートワーク営業のメリット

リモートワーク営業のメリット
  • 自由時間が増える
  • 好きな環境で働ける
  • 無駄なストレスの削除

まずメリットとして一番大きいのが、自由に使える時間が増えるということです。

通勤に使っていた時間、客先訪問の時間、会議室までの移動時間、これらの無駄な時間が完全になくなり、その結果仕事意外に有意義に使える時間が増えました。

結果的にはワークライフバランスは向上したと感じています。

2つ目に、好きな環境で働くことができます。

会社のようにすし詰めな状態で働く必要もないし、出先の不便な喫茶店でお客様対応する必要もない。

自宅に自分の好みの机や椅子を用意し、快適に作業することができます。

3つ目は、無駄なストレスの削除です。

具体的には通勤ラッシュのよるストレス、スーツを着なければいけないストレス、誰に見られているか分からないからとにかく気持ちが張り詰めるストレスなど。

営業職をしているだけで半ば諦めなければいけないようなストレスも削除できます。

リモートワーク営業のデメリット

リモートワーク営業のデメリット
  • wi-fi環境に縛られる
  • 運動不足になる
  • 孤独を感じる

リモートワークに必須なのがwi-fiです。会社なら無制限に使用可能なwi-fiですが、家にその環境を作る必要が出てきます。

自分の場合は通信制限付きのwi-fiなので、web会議をするとすぐに容量を使ってしまい、月末はスピードが遅くなり仕事にならないときもしばしば。

今現在ネットの契約を見直すか検討中です。

2つ目は運動不足です。

コロナの影響で始まったリモートワークだから、基本的には自宅待機が基本になります。なので日常的に行っていた運動を意識しないと完全に運動不足になります。

自分は若干の運動不足気味。

3つ目は孤独を感じる場合がある。

これは人によるのかなとは思いますが、一人暮らしをしている人はほとんど会話がなくなります。これを孤独と感じる人は、デメリットになるかもしれませんね。

自分はあまり孤独を感じにくいのか、不都合ではないです。

今後はリモートワーク営業が増える

今後はリモートワーク営業が増える

いかがだったでしょうか?

今回はリモートワーク営業のメリット・デメリットという内容で、実体験ベースで紹介してみました。

若干のデメリットはあるが、基本的にはメリットが大きいと感じているので、今の流れでいくと今後はリモートワークが拡充していくと思う。

様々な仕事で働き方が見直され、リモートワーク化できるものはどんどんそうなっていく。

そうなる中で、仕事の統廃合、消滅など大きな変化がくると感じています。

例えば無駄な判子の押印作業、郵送していた書類の電子化など。個人的には会社のオフィスもなくなるのではないかと思っています。

かなり大きなピンチとチャンスが入り混じっている環境だと感じています。

上手に波乗りできるかどうかが今後の分かれ道となりそうです。

それでは、KATSUNがお送りしました。

仕事・副業
スポンサーリンク
スポンサーリンク
KATSUNをフォローする
スポンサーリンク
KATSUNブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました