【就活】公務員は不安定職業だという事実について

公務員は不安定職業 仕事・副業
スポンサーリンク

公務員になれば安定した生活が送れると信じている就活生は多いです。

  • 倒産のリスクがない
  • 景気に左右されない給料
  • 定時で帰れるという時間的な安定

上記のような漠然とした安定を思い描いている人が多いですが、それは数年、いや数十年前の公務員のイメージです。

結論としては、安定しているという幻想こそが、最大の不安定要素だということ。

自分は民間企業に務めるサラリーマンです。大学卒業後の進路について考える時、実は公務員も視野に入れて考えていました。

しかし結果として、公務員という選択は選びませんでした。

選択自体は間違っていなかったと思うし、後悔はありません。

今回は就職活動中で公務員の優先順位が高い人向けに、自分が公務員を選ばず、そして後悔しなかった理由についてご紹介したいと思います。

一つの意見と思って参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーリンク

公務員が不安定の理由①:仕事が激務

公務員が不安定の理由①:仕事が激務

公務員が不安定だと思う最大の理由は、仕事が激務過ぎることです。

多くの就活生は以下のように思っているはずです。

  • 毎日同じことを繰り返すラクな作業
  • デスクワークメインの肉体的にもラクな仕事

多分ですがこれは幻想です。

何十年も前に公務員となった年配の人の昔話か、国が若者を集めようとマインドコントロールしている情報だと思います。

とは言え、自分は公務員として働いたことはないのになぜここまで言い切れるのか?

それは役所に行けば、だれでもそう感じると思いますよ。

住所変更などで役所に行くと、毎回長時間待つことになります。その時に公務員の方の仕事ぶりをよく観察してみてください。

免許の書き換え時に警察官の観察でも良いと思います。

誰一人として楽しそうに働いている人は見かけません。

楽しくないことを長時間することほど疲れる仕事はないです。

何とか係とかで仕事が割り振られている関係で、選択を誤ると毎日クレームの電話対応ばかりだったりします。

精神を病みます。

毎日同じ仕事、デスクワークということで体は疲れないかもしれませんが、精神は跡形もないくらいすり減ります。

公務員を志望している就活生はまず役所に足を運んで、実際の現場を見る。その上で自分が働くイメージが持てるか確認したほうがいいです。

周囲の昔話や幻想よりも有益な情報が得られますよ。

それに今は民間企業は「働き方改革」という制度のおかげで、残業などは減少傾向ですしね。

公務員が不安定の理由②:公務員はノーリスク

公務員が不安定の理由②:公務員はノーリスク

不安定の理由、続いてはノーリスクだからこそ不安定だということです。

さてリスクという言葉の本当の意味を知っているでしょうか?

一般的には悪い状態を想定して使用する言葉ですが、本質は上がり幅、下がり幅両方の幅のことを指しています。

例えば株式投資で100円で購入した株式は200円になるリスクを秘めているし、0円になるリスクも秘めているということです。

要するに0円になるリスクだけを見て動けなければ、200円になるチャンスも逃してしまいます。

公務員はノーリスクというのはつまり、チャンスも何もないということ。

上げ幅、下げ幅ゼロで安定している職業なので、モチベーションも何もない。

そんなつまらない人生で良いのでしょうか。

また安定しているがために、不安定な要素もあります。

それはどんなに苦しい状況でも倒産しない、リストラされないことによる拘束感と、バックアップの少なさです。

例えば公務員の方が民間企業への転職を志したとします。

倒産・リストラだとある種、個人ではどうしようもできない「仕方のない事象」として捉えることもできます。

しかし過酷な環境で頑張り続けることができず「自己都合での退職」だと、次の就職先からはつらくなったら辞めてしまう人と認識されかねない。

それが相当な苦労だったとしても。

加えて公務員はルーティンワークしかしていないから、飛び抜けたスキルも身につかない。

バックアッププランがないという本当に不安定な職業です。

基本的に公務員を志す方は永久就職の予定を立てますが、本当にあなたにとっての天職かどうかは未知数です。

いざ転職しようとした時の選択肢の少なさが、不安定感を感じずにはいられませんでした。

あくまで国が強固だった時代だから通用した安定というです。

公務員が不安定の理由③:副業が禁止

公務員が不安定の理由③:副業が禁止

最後に公務員は副業が禁止という自由度の低さからくる不安定です。

民間企業では一部副業が解禁され、、今後もその流れは加速していくでしょう。

しかし公務員は規則で副業が禁止されています。

特段良い給料というわけではなく、生活に窮している公務員の方も多いことでしょう。

周囲の民間企業に務める同世代は本業の傍ら、副業で収益を増やしている一方、自分は副業もできず給料が上がるリスクもない。

悲しくないですか?

国、国民に仕える奉仕者として誰よりも苦しい仕事を強いられる。

考えようによっては、奴隷です。

公務員は利益を追求できない奉仕者だという事実に自分は就活中に気づきました。大学時代の最大のファインプレーだと今も思っています。

精神不安定で、逃げ出すことも、自らアクションを起こすこともできない。

自分は下げ幅のリスクしか感じられない割の合わない職業だと感じています。

公務員は勝ちの目がない職業

公務員は勝ちの目がない職業

いかがだったでしょうか?

公務員が不安定だと考える理由について紹介しました。

それじゃあ民間企業に就職のほうが良いのかと言われると、そんなことは言えないですが、少なくとも公務員よりは勝ちの目が多いとは感じています。

公務員は勝ちの目が見えなすぎる。

安定と言われているが、リスクが安定しているだけです。

生活、金銭、将来はすべて不安定だと思います。

せっかくこの記事に出会ってくれたのだから、騙されたと思って公務員の仕事ぶりを見学しに行ってみてください。

あながち間違っていないと自負しています。

それでは、KATSUNがお送りしました。

以前に書いた記事も参考にしてください。↓↓↓

仕事・副業
スポンサーリンク
スポンサーリンク
KATSUNをフォローする
スポンサーリンク
KATSUNブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました