ミニマリスト 最小限のモノで生活する予定です

ミニマリスト その他
スポンサーリンク

ミニマリストという言葉を以前より頻繁に聞くようになりましたね。

  • 少ないもので生活している人
  • モノを減らしすぎて、逆に不便じゃない
  • 家で何をして過ごしているのか分からない

上記のようなイメージを持っている人もいるのではないでしょうか?

結論として、モノが少ないことで得られるメリットが多数あります。

自分は現在一人暮らしの30代男性です。引っ越しを予定しており、折角の機会なので持っているモノのうち、必要のないモノを手放そうと思っています。

持ち物は多くない方ですが、これを機に徹底的に見直し、最小限のものだけでミニマリストになろうと思っています。

理由は手放すことで得られるメリットが大きいと感じるから。

あとは引っ越し業者の費用節約のため。基本的にレンタカーで自分で引っ越す予定です。

今回は実際に手放す予定のものと、手放すことで得られるであろうメリットについて紹介していこうと思います。

スポンサーリンク

手放そうと思っているもの

手放そうと思っているもの

今回の引っ越しで実際に手放そうと思っているものをリスト化したのが以下になります。

  • 私服
  • ソファ
  • 自転車
  • 日用品
  • エアコン
  • タオル類
  • 空気清浄機
  • デスクチェア

簡単に理由を紹介していこうと思います。

本は圧縮のしようがなく、案外場所を取るものです。これを機にすべて手放し、今後はすべて電子書籍に切り替えようと思います。

私服

平日はスーツを着ているので、私服は不要だなと思いました。機能性が良いものだけ残して、3着ずつくらいに減らします。1年以上着ていない服は今後も着ない。笑

ソファ

妻・子どもと住んでいた時のソファです。次の家には不釣り合いな大きなソファなので手放します。今はアマゾンプライムを見ながら寝落ち専用ソファになっているので、怠惰な自分を誘発しないためにも手放します。

自転車

ウォーキングも兼ねて歩くことの方が多く、ほとんど乗らないので手放します。

日用品

使いかけの洗剤やら、カビ取りなど。用途ごとに分けるのではなくこれ一本みたいなものに集約しようと思います。一旦捨てる。

エアコン

今回の断捨離で一番もったいないと思っているもの。しかし次の家にはエアコンがあり、2台も不要。半年くらいしか使っていないので、売れる内に売却します。

タオル類

なぜかタオルが多いです。使いかけも多いのですが、新品もたくさんあります。使用済みのものは一旦全部捨てました。

空気清浄機

子どもが小さいからということで購入。あっても良いのかもしれないですが、必要なもののみを残すがミニマリストかと思うので、今の自分にとっては不用品。売却します。

デスクチェア

座面が破れており、新しいものを購入したので捨てることにします。どちらかというと過去の捨て忘れです。今は会社のカバン置きになっています。

なぜモノを減らすのか

なぜモノを減らすのか

モノを減らす理由は、不要なものは置いているだけで負債だと考えるからです。

具体的には以下のようなデメリットがあります。

  • 物があることで部屋が狭い
  • 掃除のたびに移動させる手間が発生する
  • 服などは選択肢があることで迷う時間が生じる

不要なら持たない方がいいわけです。

もしかしたら使うかもしれない。→そう思うなら、使うタイミングで買い直せばいいんです。

折角買ったのにもったいない。→その不要物が占拠しているスペースを使用できない方がもったいなくないですか?

こんな感じで自問自答しながら、手放すモノの選別を行っています。

あとは一度減らした状態を作れば、その状態を維持したいという心理から不要なものの購入を控えるようになります。

引っ越しで捨てたということは不要だったと購入前に考えることができます。

これにより余計な出費を減らすことができ、節約になります。

モノは人の生活を豊かにすることもあるし、負債になる場合もあります。

その見極めをしながら、本当に必要なモノのみを身の回りに置くようにしていきます。

ミニマリストになります

ミニマリストになります

いかがだったでしょうか?

3月は大学入学、会社の異動などで居住地が変わる人も多いと思います。

この機に自分の持ち物を見直すことをおすすめします。

本当に必要なモノって案外少なかったりしますよ。

自分は引っ越しはモノを手放すいい機会だと思っていますので、この機にミニマリストになろうと思っています。

負債を減らして、豊かな生活を築けるように頑張りましょう!

それでは、KATSUNがお送りしました。

その他
スポンサーリンク
スポンサーリンク
KATSUNをフォローする
スポンサーリンク
KATSUNブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました