成年年齢引き下げ!変化についてまとめ

年齢制限 その他
スポンサーリンク

どうもKATSUNです。

今週末は成人の日です。法律上で未成年の人が大人になる式典が執り行われます。毎年奇抜な格好をする若者がメディアを賑わすあの行事です。

しかしもうすぐその成年年齢が引き下げられることをご存知でしょうか。

結論、2022年4月から18歳が成人に変更になります。

今回は成年年齢が約140年ぶりに引き下げられることについてまとめてみようと思います。

以下にコメントしていきます。

スポンサーリンク

いつから変更なのか

成年年齢の変更は2022年4月から「18歳」に変更になります。約140年前の明治時代から成年年齢は20歳と民法で定められていたので、かなり大きな変更ですね。

これにより2022年4月1日に18歳、19歳の方は新成人となります。

新成人になる日は以下になります。

成年月日新成人となる日成年年齢
2002年4月1日以前生まれ20歳の誕生日20歳
2002年4月2日〜2003年4月1日生まれ2022年4月1日19歳
2003年4月2日〜2004年4月1日生まれ2022年4月1日18歳
2004年4月2日以降生まれ18歳の誕生日18歳

世界的にも18歳で成人になるのが主流になっているし、日本でも選挙は18歳に既に引きさげられています。より多くの人が選挙に参加することで、今後の国の方向性に関与することを促しているのかなと思います。

ただ少子高齢化につき年配の方の比率が高くなっている結果、選挙の得票数を獲得するたまには年配の方向けの方策が多いので、なかなか若者の参加は難しいのかなと思いますが。

成年で出来ること、出来ないこと

以下に出来ることをまとめていきます。

18歳でできること

  • 親の同意なく契約できる
  • 10 年パスポート取得可能
  • 国家資格の取得可能
  • 結婚
  • 性同一性障害の性別審判を受けられる

20歳までできないこと

  • 飲酒をする
  • 喫煙をする
  • 競馬、競輪、競艇の投票券購入
  • 養子を迎える
  • 大型、中型自動車免許取得

各種の契約ができることは大きな違いかと思います。金銭的な事柄に関しては、どうしても親の同意が必要になっていたので、それが引き下がることで若者の自由度が上がります。

しかしそれと同時にしっかりした判断基準を自分の中で持たないと色々と歯止めが効かなくなることが出てきます。

今後の社会を生きていくために自分のことは自分で意思決定出来るのは必須なスキルだと思うので、今の内にしっかり身につけておきたいですね。

国家資格を目指す方がいる場合は、資格試験は年に1回などの場合が多いと思います。18歳から国家失格取得可能ということは人生で2回チャンスが増えますね。

反対に20歳まで出来ないことは継続します。飲酒、喫煙、免許、競馬などは相変わらず20歳以上でしかできないのでお間違えのないように。

成人式について

もうすぐ控えている成人式についてですが、これは各自治体が決定することなので、これといった方針はまだ出ていません。

理由としては仮に18歳の1月に成人式を行うとなると、受験シーズンと丸かぶりになってしまいます。受験生ってそんな余裕ないですよね。だから20歳に引き続き実施していく可能性もあるようです。

反対に18歳で成人式を執り行うとした場合、引き下げ後初の2022年は18歳、19歳、20歳で合同開催になるのかなど検討が必要な事柄が山積みのようです。

もし3世代合同の成人式になったら、日本屈指の一大イベント勃発ですね。

具体的な方向性については決まっていないので、今後各自治体からどのように取り扱っていくのかに注目ですね。

養育費について

養育費については取り決めたタイミングでのルールが適用されると考えられます。

例えば現行の成年年齢が20歳のタイミングで「子どもが成年になるまで」と取り交わした場合は、20歳になるまでの支払い義務を負うようです。

成年年齢の見直しがあることも織り込み済みで18歳までとするなら、「18歳の3月まで」など解釈がぶれないように取り交わす必要があります。

また社会通念的な養育費とは、子どもが未成熟で社会的な自立が期待できない場合に支払われるものなので、成年を迎えていても経済力がなければ支払義務を負うことになるようです。

仮に大学生までは養育費を支払うとした場合、こちらも「22歳の3月まで」と明記する必要があります。

成年年齢が変更になる可能性があることは今回の件でお分かりだと思いますので、成年という言葉は社会的に一択に定まらない言葉です。

あやふやな表現を使用しないことが注意点になりそうです。

まとめ

140年間も変更されてこなかった成年年齢が変更されるという、歴史的な瞬間がもうすぐ来ます。

18歳の多くは駆け出しの社会人、もしくは高校3年生〜大学1年生をしている年齢ですので、経済的に完全に親から独立している人は少数ではないでしょうか。

しかし世界的には主流な制度ですし、しっかりと自分で決定していくことは今後を生きる上で必要なことだと思います。

若者が今後の社会を、自力で生きていけるのか試されているのかなと感じました。

負けないように頑張ろうと、勝手に気合を入れ直した30代のまとめでした。

それでは。

その他
スポンサーリンク
スポンサーリンク
KATSUNをフォローする
スポンサーリンク
KATSUNブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました