IoTの意味について考えてみた

IoT 仕事・副業
スポンサーリンク

どうもKATSUNです。

今回は昨今話題のIoTに関して思ったことを記事にしてみようと思います。

各業界でかなり騒がれてはいますが、全くと言っていいほど実態の掴めない言葉ですよね。そもそもIoTは"Internet of Things"の略で、日本語では「モノのインターネット」と訳されますが、正直意味不明です。

自分は仕事の際に、他社で考えるIoTというものに触れる機会があるのですが、現状は解釈次第という感じで、これがIoTだ!という具体的なモデルは存在しない印象を受けます。

要するに定義自由な状況です。そこで自分が考えたことも発信してみようと思います。

結論としては、人を中心とした無駄なオフライン作業の縮小、可能なら削除だと思います。

以下にコメントしていきます。

スポンサーリンク

一般的なイメージ

IoTの一般的なイメージとしては、ありとあらゆるものにセンサーを取り付け、その状態をインターネット経由で遠隔で確認出来るというイメージだと思います。

具体的な例としては、扉にセンサーが付いていて、閉まっている時はセンサーON、それ以外はOFFみたいな情報を監視室のモニターで確認できることで、人がわざわざ確認に行かなくても良いというような感じかと思います。

これって今さらじゃないですか?

多分ですが重要な扉、例えば銀行の金庫の扉なんかはすでにセンサーが付いていると思います。確認はしていないですが、かなりの確率で合っていると思います。

「そうじゃないよ。もっと一般的なことに展開していくんだよ。」という話ですが、一般的な扉にセンサーはいらなくないですか?そもそもいらないという判断のもと今まで設置してきていない訳だし。機器と電気代が無駄かなと自分は思ってしまいます。

可視化、分析、自動化

今まで不要と思っていた情報を収集、分析することで、まだ想像もできない有益な分析ができるということはあるかもしれません。

そのためにはセンサーを取り付け、まずは可視化しましょう。

仕事から見ていると多くの企業はこのフェーズにいると思います。その情報をまずは人が分析し、ノウハウが蓄積すれば自動化していくこんなイメージ。

途方も無い計画というか、全然速攻性のないプランに感じてしまいます。

人が分析するという条件であれば、結局は人の負荷が増えるばかりで進捗しない計画にもなりかねないですしね。

もっと簡単にIoTを導入出来る必要があるのではないでしょうか???

不快なオフライン作業を減らす

自分は営業職なので商談が週に2、3回はあり、仕事時間の内2〜3時間は電車でお客様のもとへ移動している日が多いです。

電車に揺られながら思いました。

この移動時間って必要なの???

IoTを気にしているような先進的なお客様に対して打ち合わせのため何時間もかけて移動して、お客様も自分との打ち合わせのために時間を取って、場合によっては訪問より少し前から待っていてくれたりもします。

すごく無駄な時間だと思いませんか?

これをインターネットに乗せてしまえば時間、労力、生産性、全てにコミットできるIoTなのではないかと思いました。

例えば商談、会議はオンラインのミーティングにする。そうすればかなりの時間削減ができます。一同に会する必要もありません。インターネットがあれば、地球の裏側でも繋がってしまう世の中です。

可視化、分析など高等なことを言う前に、今あるツールをフル活用してしっかりIoTすることが先決なのではないでしょうか。

なぜか日本はこのあたり遅れていますよね。

ちなみに自分の会社では週の訪問件数をカウントするという、現代では考えられない古典的な指標があり嫌な気分になります。メール、電話ではなく直接会って話しなさい。とのことですが、オンラインミーティングさせてくれればお客様の表情も見れるし問題なしです。

働き方改革ってそういう出来ることをやってからの言葉じゃないのかな。と思いました。

マインドから改革を

IoTを推進し効率良く働き、働き方改革をしていくなら、商談に参加する人はオンラインのミーティングを当然のツールとして導入する。

無駄な移動、無駄な会議などのオフライン作業を、オンライン化する。

究極論を言うなら、飲み会も家に帰ってから気の合う者同士が、各自の飲みたいお酒、食べたいおつまみを用意してオンラインチャットみたいに行えば画期的かも。

疲れたらおやすみと言って10秒で布団に入れる。

飲み会で大切なことは有益な話をすることかと思うので、わざわざ同じお皿から食べ物を取る必要も、同じ瓶に入ったお酒を飲む必要もないかなと思います。

かなり究極ですが。

IoTという意味の分からない言葉にしてしまうのではなく、社会はそういう方向を向いていると捉えて各自がマインドを入れ替えていくことが大事なんだと思います。

あとはモノだけにフォーカスするのではなく、人を中心として考えた場合、どういう影響があるのかをまずは考えるべきかなと思います。

目に見えて楽になることが分かれば一気に加速すると思いますが、まだまだ時間がかかりそうかなと思います。

便利な時代が来れば嬉しいですね。

それでは。

仕事・副業
スポンサーリンク
スポンサーリンク
KATSUNをフォローする
スポンサーリンク
KATSUNブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました