仕事を辞めたい、ストレスから開放されるために

ビジネスマン 仕事・副業
スポンサーリンク

「仕事」というキーワードをGoogleで検索した時に上位表示されるワードをご存知でしょうか。

それは「辞めたい」というワードです。

  • やりがいが感じられない
  • お客様と上司の板挟みで日々消耗している
  • 辞めたいが、将来を考えるとなかなか辞めるには踏み切れない

当然みんな仕事はイヤだと思っていて、Google検索してしまうほどイヤな思いをして、現状を少しでも好転できる方法はないかと、すがるような気持ちで検索しているのだと思います。

自分も少し前まで検索しまくりでした。

営業になって、上司から理不尽な指示をされ、お客様からはどうしようもないクレーム、尽きない金額、納期問題、ありとあらゆる事柄の板挟みで完全にすり減っていました。

しかし最近は何故か検索しなくなりました。今回は心境の変化について記事にしようと思います。この記事を書こうと思った理由は下記の記事です。↓↓↓

三菱電機の新入社員自殺 教唆容疑で上司書類送検
三菱電機の新入社員だった20代の男性が今年8月に自殺し、兵庫県警三田署が教育主任だった30代の男性社員を自殺教唆容疑で書類送検していたことが7日、同社や関係者への取材で分かった。11月14日付。男性

結論としては、自分の考え方を変えるしかない。

以下にコメントしていきます。

スポンサーリンク

変わらず仕事は辞めたい

心境の変化はありましたが、環境の変化は特にないです。業務内容が変わったわけではないし、日々のストレスも減ったわけではないです。

変わらず仕事は辞めたいと思っています。

人生の大部分の時間を投下するにしてはもったいない対象にしか思えないんですよね。ストレスと引き換えに、死なない程度の安定をもらうみたいな感じ。

一度きりの人生なんだから、悔いの残らないようにしたいなと思うようになりました。

検索しても答えはない

まずはじめに、Google検索しても答えはありません。

本当に少し前まで「仕事 辞めたい」「仕事 嫌い」「仕事 鬱」などで毎日数時間レベルで色んなサイトを見ましたが、自分に刺さるサイトはありませんでした。

それはそうですよね、だってそれぞれで問題が違うのだから

問題を経験できるのも、認識できるのも自分だけです。近い状況の人はいても、全く同じという人はいません。

しかしヒントは沢山、それこそ数え切れないくらいありました。

その中からやってみたいと思うものを選べば良いと思います。選択基準はあくまで「やりたい」か「やりたくないか」で選びましょう。

たとえ自分では無理そうなものでも、やってみると良いです。

失敗しても失うものなんかないです。だって今始めたばかりだから。

辞めるにも責任がある

自分の考え方なのですが、辞めるにも責任があると思っています。なので周囲の人に納得してもらえる状況になるまでは辞められないと思っています。

たとえそれが65歳になるまでかかったとしても。

定年になるまでに周囲を納得させられる状況を作り出さなければ、結局はストレス仕事とはさよならは出来ないということにしています。

でも多分努力次第で、65歳までかからないと思っています。根拠はないですけど。笑

仕事を辞められる選択肢が人生に入っただけで、一気に気持ちが軽くなりますよ。

ちなみにマイルールは「両親を納得させられたら、仕事を辞める」というマイルールにしています。

自分の人生を振り返ると、一番自分に投資してくれたのは両親だと思ったので、投資家様を納得させる責任は必要だと思います。

自殺は犯罪

話が少し脱線してしまうのですが、仕事ですり減りすぎて、最終的には不幸にも自殺をしてしまう若者が多々います。

断言します、自殺は立派な犯罪です。自分という人を殺しているのですから殺人罪です。

耐えられない、消えてしまいたい、つらすぎる・・・こんな状況になったら一旦逃げちゃえば良いです。

自分は休日も電話対応したり、残業をして問い合わせ対応していましたが、全部無視するようにしました。

無視を始めた頃は、いろいろ文句を言われたし、いっそう辛い気持ちになりましたが約1年続けた結果、それがスタンダードと認識されるようになってきました。相変わらず文句も言われますが、それすらも無視しています。

どうせ辞める仕事なんだし、どう評価をされても良いとさえ思っています。笑

上司からも色々と言われますが、「給料分の最低限の仕事はします。しかし評価はいらないので、できるだけ放置してほしい。」と伝えるようにしています。

それよりも頑張りすぎて犯罪を犯してしまうことの方が、人として再起できなくなります。

自分をここまで導いてくれた投資家様にも迷惑が掛かるし、罪人を作った投資家という烙印すらも押しかねないです。

一歩引いて冷静に考えましょう、勢いとか言い訳にならないので。

それが人としての唯一最低限のルールだと思います。

一歩だけ前に進もう

自分は会社を辞めても良いという選択肢を条件付きで取り入れたら気持ちが軽くなりました。

日本の就職事情が諸悪の根源かなと思ったりもしています。

新卒で就職、終身雇用、転職のハードルが高すぎ、非正規の劣悪な労働条件など。

20代前半でしかもその会社の内情も分からず、人生の決定って普通に考えたら無理だと思いますよ。

そんな古い考え方に縛られて窮屈に生きるより、開き直って一回適当にしてみるのも手かなと思います。

最低のルール、責任だけ守っていればあとは自由なはず。

最近そういう考えに転換できました。

お困りの方の参考になれば幸いです。

それでは、KATSUNがお送りしました。

仕事・副業
スポンサーリンク
スポンサーリンク
KATSUNをフォローする
スポンサーリンク
KATSUNブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました