買い物論 ー時間を買うー

時計 その他
スポンサーリンク

 どうもKATSUNです。

 今回は買い物の際に考えることを記事にしてみようと思います。

 結論から言うと、時間を買える物が良い。

 具体的にコメントしていきます。

スポンサーリンク

機械を待つ時間は無駄時間

 機械にしかできないことって多いですよね。

 自分は頻繁にYouTubeを見るのですが、YouTubeはパソコンなどの電子デバイスでしか再生できないですよね。この読み込み時間が本当に無駄時間です。

 安物PCを以前に購入したのですが、動画の読み込みに数分、動画が始まってもカクカク動くというイライラ具合でした。

 仮に毎日動画を3本見るとして、一つの動画に1分間の読み込みが必要と仮定すると、毎日3分。これを毎日365日行ったとすると、1095分。1年間に動画の読み込み時間という無駄な時間で18時間以上消費していることになります。

 多分YouTube視聴している人は一日3本よりも多く見ていると思うので、ヘビーユーザーであればあるほど良い機械を持たないと、本当にロスだらけですよ。

時間を買える買い物

 以前にも紹介したのですが、自分は最近デバイス系を一新したのですが、すごく快適です。

 以前の記事はこちら↓↓↓

 ぶっちぎりの性能がベストだと思うのですが、そこは目的に応じた費用対効果で問題ないと思います。

 自分の場合だと、ブログの記事を書く、YouTubeの視聴、プログラミングの学習、ネットサーフィンくらいの使用目的なので、上記の記事で紹介しているスペックで一切問題ないです。

 例えば動画編集をされる方などはもっとハイスペックな機器が必要かと思います。やったことはないですが、動画の書き出し速度によっては何時間も待ち時間になってしまうようなので。

他人が見て一目置く持ち物

 他人が見て一目置く持ち物ってそれだけで実は時間を買えたりします。

 それは信用を積み上げるための時間です。

 例えば海外旅行の際に、身なりで店員さんの接客対応が変わってくるとか、支払いをするクレジットカードによって宿泊先の部屋ランクを上げてくれたり、コツコツ信用を積み上げていく時間を一気に削減できます。

 自分の場合は、営業職になってから客先ではちょっと高級な筆記具を使用したり、現場で作業員をしていた時は20万円くらいで高級な工具を一式買いました。工具は今では贅沢過ぎるのですが、家で時計の電池交換くらいにしか使っていません。笑

 他人、特に初めて会う人は身につけている物を含めてファーストインプレッションを受けます。そこで「この人できるかも!?」と思わせることができればオッケーです。そのために多少背伸びした持ち物を持つのも良い方法だと思います。

 最終的には人間性とか、スキルでの評価になっていきますが、そこの評価から信用を得るまでには莫大な時間がかかるので、一歩でも有利な状況を作る努力が結果的に大きな差を生むと信じています。

まとめ

 時間を買えるものは購入時は他のモノより高額になりがちです。

 しかしそれを購入することで削減できる時間を含めた費用対効果を考えて購入するように心がけることが必要と思います。

 削減できる時間が圧倒的に優勢になるなら買いです。迷うくらいのものなら保留もしくは見送りかと思います。

 またモノで削減できた時間を有意義に使う意識も必要です。

 むしろ有意義に使用する意識の方が難しいですね。

 人は時間ができると怠けがちです。自分もその一人ですが。笑

 モノに溢れているこのご時世、モノで解消出来るものは解消してしまいましょう。

 それでは。

その他
スポンサーリンク
スポンサーリンク
KATSUNをフォローする
スポンサーリンク
KATSUNブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました