文系・理系の考え方の違いについて

ジェンダーレス 仕事・副業
スポンサーリンク

 どうもKATSUNです。

 10月より新人配属があり、新たに来た後輩との考え方の違いについて感じたことを記事にしてみようと思います。

 結論としては、考え方の違いが面白い。けど今の所、真似は出来ないと感じました。

 以下にコメントしていきます。

スポンサーリンク

状況説明

 自分のグループは自分を含めて3人の「若手」と呼ばれる人がいます。(もう今年で32歳だし、世間的には若くないですけど、高齢化企業なので若い分類になります。)

 本記事の登場人物は以下の3人です。

  • 自分(理系、男)
  • 後輩(理系、女)
  • 新人(文系、男)←新人も後輩ですが、区別するために新人と表現します。

 自分は理系、特に物理を専攻して大学4年+修士2年を経て今の会社に入社しました。素の部分は論理的に考える習性を持っていると思います。

 後輩も偶然ですが物理専攻の大学4年+修士2年を修了しており、基本的な考え方が似ているようです。怒るポイント、説明の仕方などについて周囲の人からは理解されない場面でも、自分は分かりやすいと感じることが多いです。

 そこに教育学専攻の大学4年で卒業の新人が入ってきて何か違いを感じました。決して否定するつもりはなく、純粋に考え方の違いが面白いと思ったので紹介します。

 先にまとめておきます。

  • 理系は慎重に回答する、文系は反射的に回答する
  • 理系は行動に理由付けが必要、文系は行動理由が不要
  • 理系は技術を求めるが、文系は対人スキルを求める

 それぞれについて最近の出来事を添えて、考察していきます。

とりあえず「はい」と返事する

  自分もそうなのですが理系の人間はとりあえず「はい」は中々言わないと思います。代わりに「やれるだけやってみます」「検討します」など自分の考えが及ばない可能性があることに対して慎重な態度になりがちかと思っています。

 対して新人は、やったこともない、何をするのかも分からないことに対しても「はい」と返事をしているように感じ、真似できないと頻繁に思わされています。

 文系は感覚的に対応することに長けており、理系はゴールまでの道筋を考えてから対応するような性格になるのかなと思いました。

 正直に言うと、こんな人いるんだ、と衝撃を受けています。

 しかも何も考えていないわけでもなく、普段の行いはそこそこ真面目に取り組んでいる優秀な部類なので、反射神経が自分たち以上なんだなと思っています。

言われたことを徹底的に実行する

 自分と後輩は、「やる意味」を考えがちです。

 指示された内容について、やる理由付けが出来ないと無駄な行動と認識します。そして基本的には業務に追われている場合が多いので、優先順位を下げてしまいがちです。その結果、実行しない、うやむやで終わらせる場合も多々あります。

 対して新人は、意味のない行動(と自分たちが思っていること)も徹底的に行います。まずはメールの返信を全部返します。分かりました、承知しました、という内容でも返すし、自分のよくわからない内容に関してはオウム返しのような内容で返信しています。

 自分と後輩は結構疎かにしがちです。と言うのも内容の無いメールは双方にとって無駄な時間だと考えているからです。

 あまり意味とか考えていないのかもしれませんが、ただ上司からの評価は良いです。言い方は良くないですが「やってる感」は出ているからだと思います。

 こういう人が上手に出世するのだろうなと感じました。

仕事に求めるもの

 自分の勤める会社はニッチな機器を取り扱うメーカーになります。どちらかというと理系的な考え方を求められる場合が多いです。原理、理論、技術そういったイメージです。

 自分と後輩は上記にある原理、理論、技術を習得することが必須と感じています。それがこの会社で身につくスキルだし、このスキルなくしてお客様に製品の売り込みは出来ないのかなと思っています。

 対して新人は、対人スキルを学びたいと教えてくれました。正直製品に関するスキルは二の次で、先輩社員はどういう表現で説明するのか、お客様はどういう対応をすれば喜ぶのか、そういった対人部分の習得にウエイトを置いているそうです。

 今までは製品スキルが一番上位にあったので、衝撃を受けました。自分は口下手だし、気の利いたことも言えない性格なので、技術の説明くらいは出来るようになろうと思っていましたが、話が出来る人は別の考え方も選択肢とすることが出来るのかと感じました。

 真似は出来ないけど選択肢としては、有益だと思います。

まとめ

 今までにはない新しい雰囲気を感じております。

 文系・理系で感覚の違いがあるとよく耳にしますが、恐らく事実です。

 しかしどちらが悪いとかではなく、両方に良い点があると感じているので、上手く考え方を吸収させてもらおうと思います。

 目指すはハイブリッドです。笑

 後輩、新人どちらも観察させてもらって、自己育成の参考にさせてもらおうと思います。

 それでは。

仕事・副業
スポンサーリンク
スポンサーリンク
KATSUNをフォローする
スポンサーリンク
KATSUNブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました