グーグルアドセンス審査通過【正解はないけど対策は必要】

ブログ
スポンサーリンク

グーグルアドセンス審査について悩んではいないですか?

ブログを始めたけど、アドセンス審査が通過できない。

具体的な審査通過の方法が分からず困っている。

アドセンスとよく耳にするけど、具体的に何なの?

本記事では上記のような悩みごとに対して参考になる記事です。

結論から言うと、グーグルの意図を理解したサイト運営が大事。自分の場合は毎日投稿を約1ヶ月継続したら審査に通過しました。

自分は過去にブログの毎日投稿を約250日継続し、その過程の中でグーグルアドセンスの審査を通過した経験があります。

ブログ記事の内容、コンテンツよりも毎日更新をしっかりと続ける。

意識して行ったことはこれだけ。

今回はグーグルアドセンスの審査になかなか通過できずに困っている人、これからブログを始めようとしている人に向けて参考になる記事です。

当時の行動を振返り、分析することでグーグルアドセンスに通過するための情報をまとめてみようと思います。

以下の2部構成で紹介していきます。

本記事の構成
  1. グーグルアドセンス審査について
  2. 具体的に通過までの取組み

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

グーグルアドセンスとは

グーグルアドセンスとは

グーグルアドセンスとは広告クリック型のアフィリエイトサービスになります。正式表記は"Google AdSense"です。

ブログに掲載した広告をクリックしてもらうだけで収益が発生するシステムですので、比較的稼ぎやすい方法になります。

ブログ初心者のほとんどがまず目指す収益化の方法ではないでしょうか。自分もその一人でした。

しかしグーグルアドセンスには障壁もあります。

それが審査に通過しないと広告掲載ができない点です。

本記事では具体例を交えて、審査に通過するための方法について考察していきます。

審査前に知っておくべきこと

審査前に知っておくべきこと

あなたに質問をします。

来週、ある資格の試験があります。試験当日までに一体何をしますか???

おそらくほとんどの人が「試験対策の勉強」と答えると思います。

アドセンスの審査も資格試験と同じです。グーグルに「このブログサイトは広告掲載の資格がある」と納得してもらう必要があります。

資格試験は参考書を見れば合否判定の基準が記載され、問題に対する答えも示してくれています。

しかしアドセンスではその判定基準が明確ではないという点が資格試験とは異なります。

全てはグーグルがどう思うかなので、グーグルの意図を理解する必要があります。

以下のページはグーグルの意図を理解するためのヒントになるとされているページです。

審査前にざっと目を通して、アドセンス審査に通過するために何をすればよいのかをイメージしておくことが最短ルートだと思います。

長文を読むのが辛いかもですが、アンダーバーがついているキーワード周辺を読むだけでもイメージが掴めますよ。

個人的な見解としては「グーグルのお客様」にとって、有益な記事作成が必要だと感じています。

グーグルのお客様 = グーグル利用者

つまりは自分のサイトの読者のことです。

読者が何を求めているのかを考えたサイト運営、記事投稿がアドセンス審査で注目されるのではないでしょうか。

グーグルアドセンスでの禁止事項

グーグルアドセンスでの禁止事項

グーグルアドセンスでの禁止事項についても知っておく必要があります。

ここでは以下の内容について紹介します。

グーグルアドセンスでの禁止事項

禁止コンテンツについて

以下は禁止コンテンツについての抜粋になります。

違法なコンテンツ

違法なコンテンツ、違法行為を助長するコンテンツ、他者の法的権利を侵害するコンテンツ

知的財産権の侵害

著作権の侵害に当たるコンテンツ、偽造品の販売または販売促進を目的とするコンテンツ

絶滅危惧種

絶滅危惧種から作られた製品の販売を促進するコンテンツ

危険または中傷的なコンテンツ

人種、民族、宗教、障害、年齢、国籍、従軍経験、性的指向、性別、性同一性など、組織的な人種差別や疎外に結び付く特性に基づいて個人または集団の排斥を促し、差別を助長し、誹謗しているコンテンツ

個人または個人で構成される集団を中傷、威嚇、攻撃しているコンテンツ

自分自身または他者を脅迫したり、肉体的または精神的に危害を加えることを奨励したりしているコンテンツ

強要による他者の搾取を目的とするコンテンツ

不正行為を助長する商品やサービス

ユーザーの誤解を招くコンテンツ

ハッキングやクラッキングを助長し、ソフトウェア、サーバー、ウェブサイトの改ざんやそれらに不正にアクセスできるようにする手順や手段をユーザーに提供するコンテンツ

悪質なソフトウェアまたは望ましくないソフトウェア

パソコン、デバイス、ネットワークへの損害や不正アクセスを引き起こす恐れのある不正なソフトウェア(マルウェア)を含むコンテンツ

Google の望ましくないソフトウェアのポリシーに違反するコンテンツ

など。。。

出典:Googleサイト運営者/パブリッシャー向けポリシー

上記のようなコンテンツは審査でNGになる可能性大です。

パブリッシャー向けポリシーを読んで理解しておこう。

グーグルアドセンス審査通過までの取組み

グーグルアドセンス審査通過までの取組み

グーグルアドセンス審査について一通り紹介したところで、ここからは自分が具体的に取り組んだ内容について紹介しようと思います。

具体的には以下のような感じです。

やった内容
  • 毎日投稿
  • 記事数:23
  • 1記事あたり1500〜2500文字

文字数は基本的には1000文字を超えていればオッケーとしていましたが、1500字は超えていました。また不要な文字を極力省いて、読みやすさには配慮していました。

ブログのコンテンツについては、ポリシーを熟読して理解していたわけではないですが、結果的には禁止コンテンツではありませんでした。

ある程度の更新頻度、記事数、内容が必要というのが個人的な結論です。

直接的には関係はないかもですが、ASPに当時は登録しておらず、アフィリエイトリンクの貼り方も知らなかったのでアフィリエイト記事はありませんでした。

グーグルの意図を理解することは、ブログの第一歩

グーグルの意図を理解することは、ブログの第一歩

いかがだったでしょうか?

試験には対策が必要なように、アドセンス審査にもグーグルの意思を理解するという対策が必要という内容を紹介しました。

自分も含めてなんとなく審査を通過する場合が多いのかもしれませんが、グーグルは読者第一主義なので、読者が求めている内容を想像することが必要ということ。

グーグルアドセンスの審査に通るには、自分の書きたいことを封印して、読者目線で記事を考えることが大事なのかと思います。

審査が通過できない方、これから挑戦してみようと思っている方の参考になれば幸いです。

それではKATSUNがお送りしました。

おすすめアフィリエイトASP6つ【全部登録で問題なしです】 - KATSUNブログ
今回はおすすめのASPサイトを6つ紹介しました。ブログで稼ぐにはASPへの登録は必須なので、この記事がアフィリエイトを始めるきっかけになれば幸いです。結果が出ればブログの楽しさも倍増なので、頑張ってみてください。アフィリエイトで副業収入を稼いじゃおう!
ブログ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
KATSUNをフォローする
スポンサーリンク
KATSUNブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました