【離婚】夫婦間の家事分担について(全て晒します)

テラス その他
スポンサーリンク

どうもKATSUNです。

今回は夫婦間の家事分担について考えてみようと思います。考えると言うか、振り返り、自分の場合はこうだったけどダメでしたという内容です。正直間違っていたのかどうかも分かりません。同じような悩みを持つ方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

状況説明

まずは状況の説明をします。具体的には下記の分担をしていました。

 (自分の基本の分担)

  • ゴミ出し(週3回)
  • 風呂掃除
  • 部屋の掃除(朝:掃除機、夜:クイックルワイパー)

上記をベースに、休日のランチを作ったり、洗濯を畳んだりはしていました。

何もしない人

自分は妻から「非協力的で、何もしない人」「思いやりのない人」というレッテルを貼られています。

多くはないですが、何もしないことはないかなと思っています。またその他はやらない理由が自分なりにはありました。言っても聞く耳を持ってもらうことも出来ず、無視されるだけなので終盤は言いませんでしたが。

食事の準備について

実は育休中に「家事に非協力的」「こっちはこんなに疲れているのに何もしない」と言われました。その時も上記の分担家事はしていたのですが、日中仕事に行って、これ以上どうすればいいのかと悩みました。

その場を収めたい一心で、夜の食事の準備をやると申し出ました。

しかし、そこからが地獄でした。

大体下記のスケジュールで毎日動いていました。

  • 行き、帰りの電車でメニュー検討
  • 18時頃 退社
  • 19時前 最寄駅に着き、買い出し
  • 19時過ぎ 帰宅、調理開始
  • 20時頃 完成

行きと、帰りの電車は今日は何を作るか考える時間になりました。満員電車でクックパッドを毎日見ていました。家についてからはスーツを脱いで部屋着に着替えたら、キッチンに直行です。子供を21時くらいに寝かしつけ出来るように、妻の食事を20時頃までに出すようにしていました。家に帰って座るのは20時半頃です。子供の食事は妻が作っていました。離乳食の栄養バランス等があるため、自分からやろうとしませんでした。

ちなみにお客さん絡みの断りきれない飲み会の日は、前日にカレー、シチューなどの作り置き可能なものを作っていました。月に1回くらいの頻度で飲み会には行ってました。

やらなくなった出来事

2〜3ヶ月くらい経った頃、仕事に疲れていてコンビニで買ってきたもので済ませました。小分けの焼き魚とサラダ、味噌汁は作りました。しかし、「これで食事って呼べるのか。」と言われました。そして明日からはしなくて良いとも。「そもそも丼もの、脂っこいものが多く、とても毎日食べ続けることは出来ない。何も考えていない。」と言われましたね。

怒りがこみ上げると同時に、明日から作らなくて良いという開放された気分が半々の複雑な心境でした。

この発言以降、自分はほとんど料理をすることはなくなりました。

疲れて帰って、疲れて料理をして、ふぅと座ったタイミングで文句を言われる。何のために生きているのだろうと思いました。このあたりから徐々に、この生活の限界を感じていましたね。

効率的に出来れば・・・

育児が大変なのはわかっているつもりですが、別にこっちも日中仕事していて、生活するためのお金を稼いでいる訳で、遊んでいるわけではない。生活資金を稼ぐことも、大きな目で見れば育児だとも思うし。

育児が大変で分担するよう要求してくるなら、何がしんどいから、どれを手伝って欲しい等具体的に言うべきではないでしょうか。自分の場合は「家事全部がしんどい」と言われ、一番時間がかかりそうな夕飯の支度をすることにしましたが、全然効率的ではなかったと思います。作る側も疲れている。食べる側も不満が募る。最悪の非効率でした。

洗濯を干すのも非効率的過ぎてやめました。理由は自分が干しても、直後に妻が全て外して干し直ししているから。何が気に入らないのか聞いても無視。訳が分からないので辞めることにしました。

お互いにサボっている訳ではないと思うし、上手くやる方法が必要だという結果でした。上手くが何かは分かりませんが。

コミュニケーション不足

我が家は圧倒的なコミュニケーション不足問題もあります。というかコミュニケーション拒否問題。妻は基本無視、要件を一言二言言うだけ。それに対して自分も口数が減っていきました。話しかけても、返事はないし、虚しいだけです。

夫婦って育ってきた背景の違う人間なのだから、考え方も違うし、思っている以上に事細かに言葉にする必要があると思います。本当に何を考えているのか分からないことばかりです。良かれと思ってやったことで怒られると、マジでイライラしますよ。

まとめ

本当はもっとしっかり書きたいのですが、思い出すのも辛い部分があり、少しづつ書いていきます。自分の記録の要素が強いですが、誰かの参考になれば幸いです。

それでは。

その他
スポンサーリンク
スポンサーリンク
KATSUNをフォローする
スポンサーリンク
KATSUNブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました