サラリーマンという生き方について

酔っぱらい その他
スポンサーリンク

どうもKATSUNです。

日々生活のための労働をしながら思うことを記事にしてみようと思います。

なぜ投資での資産運用をし、個人スキルでプログラミングを身に付けたいのかについて自分の考えを整理します。

結論は、幸せになれないから。

以下にコメントしていきます。

スポンサーリンク

幸せになれない

営業職を始めて感じていることは、ストレスを受け取る代わりに、慰謝料のような給料をもらう仕事だということです。

お金をもらうのだから嫌なことも我慢しなければいけないとよく言われますが、果たしてそうでしょうか?自分のやったことに対して相当のお金をもらうのだから、普通はどちらかが我慢する必要は発生しないハズです。

しかし日本のサラリーマンはほとんどがストレスを抱えているのが現状です。ストレスが多い状態で毎日を過ごしていても幸せにはなれないですよね。

自分はそう思っています。

しんどいながらも自己成長に繋がる何かがあれば、まだ頑張る理由にもなるのですが、今の仕事は完全に人柱のような内容なのであまり得るものがないというのが悲しいところです。

変な慣習が多すぎる

日本のサラリーマンには、変な習慣が多いと感じます。例えば以下のような行為です。

  • 過度なサービスが当たり前となっている
  • 意味のないプロセス評価
  • 定時外の付き合いが多すぎる

それぞれ説明不要かとは思いますが、一応コメントしておきます。

クオリティを下げずに価格だけ下げようとする文化が多いです。良いサービスには対価を支払うべきだと思います。そうでないと発展していかないし、意欲が沸かない。あと一度上がってしまったクオリティを下げるのは容易なことではないです。

お客様、上司とのやりとりの中で、たとえ無理だと分かっていてもまずは「頑張ります」と言わなければいけない雰囲気があると思います。自分はそれが苦手です。結構「無理です」「嫌です」「面倒ですね」と言いがちで、周囲の先輩社員からよく注意されます。

しかし間違っているものは、間違っている訳で、嘘をつく必要はないのではと思っています。本音と建前らしいのですが、理解出来ないです。「努力したが駄目だった」=「はじめから出来ないと分かっていたが、やはり駄目だった」。同じ結果です。まずは頑張ってみろというプロセス重視の風潮が嫌いです。

もう死語だとは思いますが「飲みニケーション」が多過ぎです。お金、時間、健康を消費しながら、居たくない人と夜遅くまで飲み、翌日も同じ時間に出勤がマスト。何がしたいのか分からない。しかも謎に半分強制な雰囲気まである。限りある人生なのだから、もっと有益に過ごすべきです。

解決策

こんな会社辞めてしまえばいいじゃないか、というのがはじめに行きついた結論にはなるのですが、おそらく日本企業はどこも上記のような雰囲気じゃないですか?

だから転職するならサラリーマン以外が良いなと思い、フリーランスで働くという考えに行き着きました。フリーランスでの働き方として投資、個人スキルの習得を選んだ訳です。うまく行けば問題点が全てクリアされます。

  • 過度にサービスする必要がない
  • 結果が全てなのでプロセスは不問、他人に評価されない
  • 個人だから付き合いを選べる

一旦は、今の仕事を継続し、生きていくのに必要なお金を稼ぎつつ、個人でストレスフリーな働き方を目指して頑張ることにしました。自分に余裕が出来た時には、誰かに何かを与えられるようになっていたいですね。

結果が出るにはまだまだ年単位で時間が掛かりますが、セミリタイヤを夢見て、日々精進していきます。

それでは。

その他
スポンサーリンク
スポンサーリンク
KATSUNをフォローする
スポンサーリンク
KATSUNブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました